【完全無料】英語多読サイトおすすめ10選

楽しみながら、英語力を高める一つの方法。

 

それは、多読

 

文法等に捉われず、大意を理解しながら、たくさん読む多読

「Extensive Reading」とも呼ばれています。

 

結果、「英語脳」にも効果的とされているんです。

 

 

そんなメリットいっぱいの多読ですが…。

書籍を購入していては、出費半端ないですよね。

 

そこでおすすめなのが、多読用サイト

  • 完全無料
  • 大量のマテリアル

 

これを同時に叶えてくれるサイトがあるんです!

 

そこで今日は、

おすすめサイト10選をお届けしていきますよ。

 

お金をかけずに多読したい方。

何を読めばいいか分からない方。

 

要チェックです。

 

 

【運営者プロフィール】
東大生英語教師ジャック
"勉強法"をトコトン追求し、最短効率で東京大学に現役合格。TOEIC935点取得。 勉強法を発信したYoutubeチャンネルは登録者8000人超え。 ジャックの無料公式LINEは1000人以上が登録。1ヶ月の勉強でTOIECの点数が800超えたり、英語が絡む仕事に転職したり、ネイティブとストレスなく話せる人が続出。

物語を楽しみたい方へおすすめサイト

さあ、ではおすすめのサイトです。

内容を2つに分けて、ご紹介していきますよ。

 

まずは、

ストーリーを楽しみたい方におすすめサイトです。

 

「英語学習=勉強」という概念は捨てましょう。

純粋にストーリーを楽しんでくださいね。

 

 

Children’s Storybooks Online

(出典:Children’s Storybooks Online

子ども向けの本を読めるこのサイト。

 

特徴は、3つのレベルに分かれていること。

 

そのレベルとは、

  • Young Children
  • Older Children
  • Young Adult


幼児用絵本
からヤングアダルト用まで。

幅広く完備されているんですね。

 

Young Adultであっても、分量はそう多くはありません。

15分もあれば、読めるものがほとんど。

 

物語を気楽に楽しみたい方におすすめです。

 

 

Project Gutenberg


(出典: Project Gutenberg

アメリカの著作権切れの作品が読めるこのサイト。

 

  • ピーターラビット
  • ハーメルンの笛吹

など、有名な作品がたくさん載っています。

 

日本語で読んだことがあるものもたくさんあるはず。

ストーリーがわかっていたら、読みやすいですよね。

 

 

絵本はもちろん、専門書も多く掲載されています。

幅広い年代、レベルの方におすすめのサイトです。

 

 

The free library

(出典: The free library

本や雑誌を無料で読めるこのサイト。

 

見つけやすさと、幅広いトピックが特徴です。

 

というのも、検索経由が豊富!

  • 出版社検索
  • 出版年月検索
  • 分野検索

など、色んな観点で検索できるんです。

 

興味のあるものをすぐに見つけられそうですね。

 

ちなみに、書物の分野は

  • Literature
  • Business
  • Communication
  • Entertainment

などなど、とっても豊富。

幅広い人におすすめのサイトです。

 

 

365 ESL short stories

(出典: 365 ESL Short Stories

中級レベルの英語学習者向けのこのサイト。

 

短い物語や小説が掲載されています。

 

その数、なんと1600個!

これだけあれば、しばらく楽しめそうですね。

 

ちなみに、音声で聴くことも可能

リスニングの勉強もできそうですね。

 

 

東大生の英語勉強法が無料で学べる
この記事を読んでくれているあなた限定で、東大生の効率的な勉強法が学べる公式LINEへ無料で招待します。今だけ、東大生が書いた2つの書籍も無料でプレゼント

ニュースを題材にしたい方におすすめサイト

続いては、ニュースを読めるサイトのご紹介です。

 

ビジネス英語はもちろん、検定対策にも有効ですよ。

 

 

News in levels

(出典: News in levels

ニュースを3つのレベル別に読めるこのサイト。

 

上記のように、LEVEL 1〜3が設定されています。

自分のレベルに合わせて学習できるのは魅力ですね。

 

 

また文中の重要語句は太字になっています。

その語彙の意味は、英語で説明されています。

 

これを読むのも、とっても勉強になりますよ。

 

さらに、音声付きの記事もあり!

 

リスニング題材としても使うことができるんです。

リスニング学習もできて、一石二鳥ですね。

 

 

Breaking News English Lesson


(出典: Breaking News English Lesson

世界中のニュースが読めるこのサイト。

 

大きな特徴は

  • 題材の0〜6のレベル分け
  • 記事に関する問題つき

 

7段階に細かくレベル分けされたニュース。

自分のレベルにピッタリの記事が見つかるでしょう。

 

さらに大きな特徴は、問題付きであること。

 

その問題は、大きくこの2つ。

  • 記事の内容に関する質問
  • 語彙の意味を答えるもの

 

これを使えば、理解度合いも確認できますね。

英語力がつくこと間違いなしです。

 

多読の成果を確認したい方に、とってもおすすめです。

 

 

Newsela

(出典: Newsela

様々な分野の記事が楽しめるこのサイト。

 

大きな特徴は、

英文の難易度が「Lexile 指数」で示されている点。

読解力に応じて記事を選べるのが魅力です。

 

ちなみに、

指数が低い記事中難しい単語には、英語の説明つき。

これもまた勉強になりますよね。

 

ただし、全体的な難易度はやや高め。

英語初心者には不向きかもしれません。

 

 

日本語訳が欲しい方におすすめサイト

さあ続いては、英語学習的要素が強いサイト。

和訳も確認しながら英語を読みたい方におすすめですよ。

 

 

ニュースで英語術

(出典: ニュースで英語術

NHKが提供するこのサイト。

英語学習者には、ありがたい点がたくさん。

 

それは

  • ニュース英文と日本語訳つき
  • 英文に関する日本語解説つき※語彙、英文法の解説など

 

ここまで手厚いと、しっかり理解できそうですね。

 

とはいえ、題材はニュース。

語彙レベル等は、当然高めです。

 

英語中級以上の方向きと考えて良いでしょう。

 

 

VOA Learning English

(出典: VOA Learning English

1記事300語〜1,000語程の記事が読めるこのサイト。

 

特徴は、

  • 語彙が易しめ
  • 英語の語注つき
  • 記事の音声あり

 

語彙レベルは低めなので、読みやすいです。

しかも、音声はゆっくりスピード。

 

なので、英語初級レベルの方にもおすすめです。

逆に英語上級者には、ちょっと物足りないかもしれません。

 

 

DMM.英会話デイリーニュース

(出典: DMM.英会話デイリーニュース

大手英会話スクール「DMM英会話」

実は、この無料サイトも提供しています。

 

大きな特徴は

  • 記事には3つのレベルがある
  • 日本語訳つきの記事がある

 

3つのレベルとは、

「Advanced ,「Proficient 」,「Intermediate 」。

 

「Intermediate 」には、日本語訳がついています。

自身のレベルと希望で選ぶと良いですね。

 

 

英単語を超効率に覚える書籍を無料プレゼント
期間限定で英単語を超効率に覚えるテクニックを解説した書籍「英単語のトリセツ」を無料でプレゼントしてます。LINE友達追加するだけで5秒以内でもらえます。

まとめ

多読に便利な無料サイト。

うまく利用して、どんどん英語力を磨いていきましょう。

 

 

同じく無料でTOEIC対策できるサイトもありますよ。

気になる方は、こちらをどうぞ。

TOEIC対策が無料でできる!? おすすめ無料サイト・アプリ10選【学習者必見】

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、

工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  



現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が

最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、

ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。

 ※書籍はお持ちのスマホ・PC ですぐに読むことが可能です。

書籍と同時に受け取れる公式LINEのコラムでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  



最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

山崎
山崎
TOEIC950点取得。某大手オンライン英会話講師、英検教材作成、翻訳など英語に関わる仕事を経験。
現役高校英語教師を務めながらライターとしても活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です