【必見】either / neither / too の使い分け完全ガイド

使い方が紛らわしい英単語ってありますよね。

 

その一つとして挙げられるのが、

eitherneitherでしょう。

 

 

実は、この2単語の使い分け。

大学受験やTOEICでも頻出なんです。

 

 

さらに、「either」の同意語である「too」

同じ意味ながら、使い方は全く違うんです。

 

日常会話には不可欠な同意表現を使いこなす。

それには、この3単語の使い分けの理解が不可欠。

 

 

ということで今日は、

「either」・「neither」・「too」の使い分け。

 

これを徹底解説したいと思います。

 

 

使い分けのポイントは、文の種類。

肯定文なのか、否定文なのか、が重要なんです。

 

 

さあ、この意味、理解できますか?

 

この説明では、よく理解できていないあなた。

そもそも語法問題が苦手なあなた。

 

要チェックですよ。

 

 

【運営者プロフィール】
東大生英語教師ジャック
"勉強法"をトコトン追求し、最短効率で東京大学に現役合格。TOEIC935点取得。 勉強法を発信したYoutubeチャンネルは登録者8000人超え。 ジャックの無料公式LINEは1000人以上が登録。1ヶ月の勉強でTOEICの点数が800超えたり、英語が絡む仕事に転職したり、ネイティブとストレスなく話せる人が続出。

either のポイント

安息日, 日曜日, Ns, サイン, 選択, 方向, 選ぶ, 事実, チャレンジ

まずは、「either」の特に重要な意味から。

either :

  1. (肯定文)〜のどちらか一方
  2. (否定文)どちらも〜ない
  3. (否定文)〜も(…ない)

肯定文では、

二者から一つを選ぶ意味合いの「either」。

 

熟語の形で登場することもしばしば。

その頻出の熟語が、こちら。

either A or B(AまたはB)

TOEICでは、「or」が問われる問題が頻出です。

しっかり押さえておくべき、基本熟語です。

 

 

一方、否定文では

  1. 二者とも否定(どちらも〜ない)
  2. 否定する相手に同意(〜も…ない)

 

このように、意味合いが変わるため要注意です。

 

それぞれ、例文で見てみましょう。

  1. I don’t like either of these books. (私はこのどちらの本も好きではない)
  2. A: I don’t feel like reading these books. (私はこのどちらの本も読む気がしない)B: I don’t (feel like reading these books), either. (私も(読む気がしない)よ)

 

例文1は、2つの選択肢をどちらも否定する表現。

「of」を伴って用いることも多いです。

 

続いて、相手の否定に同意する例文2。

「〜も…ない」という意味合いを持ちます。

 

ポイントは、否定に対する同意であること。

 

つまり、

肯定的な内容への同意には使えない

ということですね。

 

 

否定への同意表現の場合、こんな形になります。

否定文, either

ただし、上記の否定文。

基本的には、相手の発言そのままの文。

 

したがって、繰り返しを避けるために、例文のように省略することが多いんです。

 

このように、文の種類によって、意味合いが大きく異なる「either」。

 

使いこなすには、しっかり頭を整理する必要がありますね。

 

 

東大生の英語勉強法が無料で学べる
この記事を読んでくれているあなた限定で、東大生の効率的な勉強法が学べる公式LINEへ無料で招待します。今だけ、東大生が書いた2つの書籍も無料でプレゼント

neither のポイント

雲, 不安, 否定性, 恐れ, 懸念, 心配, 暗闇, 暗い, 安全でない

続いては、「neither」について。

この「neither」、ある単語にそっくりですよね。

 

そう、今ご紹介した「either」です。

「either」に「n」が付いただけの単語です。

 

実は、この「n」は、「not」の省略なんです。

とすれば、意味合いが推測できますよね。

neither : どちらも〜ない

という意味になります。

 

つまり

neither = not 〜 either 

と言い換えることができるということですね。

 

 

したがって、先ほどの例文は

I don’t like either of these books.

=I like neither of these books.

このように言い換えることができます。

 

 

ちなみに、この「neither」。

「either」同様、熟語の形で用いられることもしばしば。

 

その熟語が、こちら。

neither A nor B(AもBも〜ない)

「either A or B」に「n」が付いた。

これに気付けたら、覚えやすいですね。

 

 

このように、否定の意味合いのみの「neither」。

否定文での「either」と同じ意味だとわかりましたね。

 

ということは、

否定に対する同意表現(私も〜ない)としても使うことができるわけです。

 

 

ただしその場合、使い方がとても特殊なんです。

否定に対する同意の「neither」の使い方は、大きく2つ。

  1. Me neither. 
  2. Neither 〜 I. 

まずは、 “Me neither.”

これだけで、「私も〜ではない」となります。

 

知っていれば、とても簡単に使えますね。

 

 

ややこしいのが、2つ目の “Neither 〜 I.” 

 

何がややこしいかと言うと、

「〜」に入る語が、その文により異なるんです。

 

例文を2つ見てみましょう。

  1. A : I can’t  swim very well. (あまり上手に泳げないの) B : Neither can I. (私も(泳げない)よ)
  2. A : I didn’t attend the party. (そのパーティに出席しなかったの) B : Neither did I. (私も(出席しなかった)よ)

 

例文1では「can」、例文2では「did」。

この違いの原因は、Aさんの発言なんです。

例文1:  A →「can’t 」 /  B→ Neither can I.

例文2:  A →「didn’t」 /  B→ Neither did I.

こう見比べてみると、違いの理由が見えてきませんか?

 

そう、つまり、

前者が用いた否定語=「〜」に入る語

ってことなんです。

 

では、Aさんの発言が、 “I’m not a teacher.” 。

この発言に同意する場合は、どうなりますか?

 

正解は、 “Neither am I”.

 

いかがですか?

理解できれば、簡単ですよね。

 

 

「either」「neither」を用いた同意表現。

日常会話でも頻出なので、使いこなせるようになりましょう。

 

 

too のポイント

辞書, 言葉, 文法, Abc, 文字, 調べる, 読む, 学ぶ, 勉強, 教育

最後にご紹介するのは、もう一つの同意表現です。

 

中学生でも知っている「〜も」という英単語といえば?

 

そう、「too」ですよね。

 

使い方は、大きく2つ。

  • Me, too.
  • 肯定文, too.

まずは、1つ目の “Me, too.(私も)”。

これは、中学校で習うおなじみの表現ですね。

 

そして、2つ目の使い方。

あるポイントに、気づきましたか?

 

「too」のポイントは、肯定文で使うこと。

もっと言えば、否定文では使えないんです。

 

これが「either」との決定的な違い

 

整理すると、

  • too → 肯定文で「〜も」
  • either → 否定文で「〜も(…ない)」

となるわけです。

 

大学受験でも問われるこのポイント。

しっかり理解しておきましょう。

 

 

英単語を超効率に覚える書籍を無料プレゼント
期間限定で英単語を超効率に覚えるテクニックを解説した書籍「英単語のトリセツ」を無料でプレゼントしてます。LINE友達追加するだけで5秒以内でもらえます。

まとめ

言語, 学ぶ, 文法単語のクラウド, 動詞, 冠詞、前置詞, 形容詞, 緑学習

この記事のまとめです。

  • either
  1. (肯定文)〜のどちらかひとつ→ either A or B
  2. (否定文)どちらも〜ない、〜も(…ない)

 

  • neither
  1. どちらも〜ない
  2. 〜もまた(…ない)

※ 私も(〜ない): Me neither. / Neither 〜 I.

 

  • too(〜も)

※ 肯定文でしか使えない

 

このややこしい3単語の使い分け。

完璧にマスターして、使いこなしていきましょう。

 

 

試験頻出の紛らわしい英単語は、他にもたくさんあります。

 

たとえば、「each」と「every」。

ニュアンスの違いや使い分け、説明できますか?

 

自信のない方はこちら。

eachは単数形扱い? each,every,allの使い方完全ガイド!

 

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、

工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  



現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が

最新英単語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、

ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。

 ※書籍はお持ちのスマホ・PC ですぐに読むことが可能です。

書籍と同時に受け取れる公式LINEのコラムでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  



最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

山崎
山崎
TOEIC950点取得。某大手オンライン英会話講師、英検教材作成、翻訳など英語に関わる仕事を経験。
現役高校英語教師を務めながらライターとしても活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。