英語四技能をUPさせる方法! 英検、TOEIC、GTECで解説

英語四技能

英語学習者ならよく耳にしますよね。

 

特に、大学入試センター試験が、大学入学共通テストに変わる話題が出た頃。

この言葉がよく使われている印象でした。

 

というのも、この大学入学共通テスト。

英語四技能を重視することを明言していたんです。

 

現に、リーディング試験とリスニング試験の配点が同じになりました(各100点)。(※以前は200点と50点)

 

結果、英語の検定試験にも変化がありました。

したがって、四技能の力を上げることが不可欠になったんですね。

 

 

ということで今日は

  • 英語四技能について
  • 英語検定試験で四技能を上げる方法

 

これをお届けしたいと思います。

 

英語の検定試験で力をつけたいあなた。

四技能の力を上げたいあなた。

 

要チェックです。

 

 

【運営者プロフィール】
東大生英語教師ジャック
"勉強法"をトコトン追求し、最短効率で東京大学に現役合格。TOEIC935点取得。 勉強法を発信したYoutubeチャンネルは登録者8000人超え。 ジャックの無料公式LINEは1000人以上が登録。1ヶ月の勉強でTOEICの点数が800超えたり、英語が絡む仕事に転職したり、ネイティブとストレスなく話せる人が続出。

英語四技能とは?

まずは、英語四技能について。

 

英語四技能とは

  • リーディング
  • ライティング
  • リスニング
  • スピーキング

ですよね。

 

日本人は、リスニングやスピーキングが苦手。

よく言われてきたことですよね。

 

実際、大学入試センター試験でも、リスニングが導入されたのは終盤近く。

日本の英語教育は、読み書き重視だったんですね。

 

そして、2年前に導入された大学入試共通テスト。

リスニングの配点が高くなるなど、重点が変化しました。

 

さらに、外部検定試験を大学入試結果に加味する動きも話題になりました。

 

様々な反発から、実現されなかったそのプラン。

その根底には、英語四技能があったんです。

 

ライティングやスピーキングを測ることができない共通テスト。

それを外部検定試験で補おうとしたわけです。

 

それほどに、英語四技能は重要とされているんですね。

 

そして各検定試験も、四技能に対応。

四技能を測る内容となってきました。

 

ということで、各検定試験で、四技能スコアを上げる方法をご紹介していきます。

 

 

東大生の英語勉強法が無料で学べる
この記事を読んでくれているあなた限定で、東大生の効率的な勉強法が学べる公式LINEへ無料で招待します。今だけ、東大生が書いた2つの書籍も無料でプレゼント

検定試験で四技能スコアを上げる方法

ではさっそくコツをお届けしていきますよ。

今回は、受験や就活で主流の3つの検定を取り上げたいと思います。

 

 

英語検定

まずは、英語検定から。

 

従来の英語検定の構成は

  • 一次試験…リーディング、ライティング、リスニング
  • 二次試験…スピーキング

 

3級から2級の合格ラインの目安は、約6割

準1級以上は、7割ほどとされています。

 

以前は、正答数=スコアだった英検。

各技能の配点が異なるため、技能間の比較が難しかったんです。

 

それを解決したのが、現在のCSEスコア。

一目で、自分の技能バランスがわかるようになりました。

 

四技能が重視されているのがよくわかりますね。

詳しくはこちらです。

英検のCSEスコアとは? 知らないと損する3つのポイント

 

さあ、そんな英検は、一次試験突破が不可欠。

語彙、文法問題、リスニングはもちろん重要です。

 

が、意外と盲点なのが、ライティング

実は、ライティングの配点は高いんです。

 

つまり、ライティングが一次突破の鍵なんですね。

 

ライティングで高得点をとる秘訣は、構成。

パラグラフライティングが重要なんです。

 

パラグラフライティングを知りたい方はこちら。

あとは、スペルや文法ミスに気をつけるだけ。

この2つで、ライティング得点は大きくアップしますよ。

 

 

一次試験を突破したら、残るは面接試験。

 

いずれの級も、合格率は一次試験よりも高いです。

対策教材や過去問で練習を積めば良いでしょう。

 

 

ただし、アティチュードには要注意

 

アティチュード評価が低いと、不合格率が大幅UPするんです。

気になる方はこちら。

【現役英語教師解説】英検二次アティチュードで高得点をとる4つのポイント

 

ちなみに、従来の英検の流れ。

一次試験合格➡︎二次試験ですよね。

 

ですがこれでは、一次試験で四技能で判断したとは言えません。

そこで登場したのが、英検S-CBT。

大きな特徴は

  • すべてPC上で受験
  • 四技能の試験が一日で完結

 

面接試験までを一日で受験するスタイルの試験。

すべてPC上で行います。

 

合否結果を早く知りたい方にはおすすめです。

ただし、受験料は高いので要注意です。

 

もっと知りたい方は、こちら

 

 

TOEIC

続いては、大学入試や就活など、幅広く採用されているTOEIC。

 

一般的に、TOEICとは、TOEIC L&Rのこと。

つまり、リスニングとリーディング試験なんです。

 

 

まずは、リスニング試験について。

 

実は、効率的なスコアアップの鍵は、リスニングにあるんです。

 

というのも、リスニングの平均スコアが低いんです。

 

そのため、リスニングスコアが高いと、トータルスコアが高くなるんです。

 

 

とはいえ、4つのパートから成るリスニング試験。

特に後半の2つが、なかなかハード。

 

その大きな要因は

  • 放送内容が速くて長い
  • アメリカ英語以外のスピーカーもいる

 

45分にわたるリスニング試験。

疲れてきたところに、ラストの難関2パート。

 

スクリプトも長く、速い。

 

一つの会話に、アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、ニュージーランド英語話者も登場するんです。

 

しっかりと対策していなければ、悲惨なスコアになってしますよ。

もっと知りたい方はこちら。

続いては、リーディングパート。

 

リーディングパートの難しさは、その量。

とにかく読む量が多いんです。

 

特に最後のパート。

めくってもめくっても英文って感じです。

 

そんな最後のパート7攻略のコツ。

それは、他の2パートのスピードUP。

 

そのためには、「先読み」と「縦読み」が不可欠。

詳しく知りたい方はこちら。

しっかり対策をして受験しましょう。

そうすれば、TOEIC L&RのスコアUPは間違いなしです。

 

四技能の残りのライティングとスピーキングは?

そう思ったあなた。

 

実は、TOEIC S&Wテストもあるんです。

そう、Speaking&Writingのテストです。

 

 

認知度はあまり高くないかもしれませんね。

 

受験がおすすめなのは

  • 四技能のスコアが必要な方
  • 英語を話す仕事に就きたい方

 

四技能のスコアが必要な場合。

L&RスコアとS&Wスコアを足せばOKですよ。

 

また職種によっては、S&Wテストが求められる場合も。

もっと知りたい方はこちらです。

TOEIC SWで就職が有利に!? その真相を教えます!

 

 

GTEC

最後にご紹介するのは、ベネッセ監修の検定試験。

外部検定試験導入を見据えて、導入する高校が一気に増えました。

 

大きな特徴は

  • 四技能の試験を一日で完結
  • スピーキング試験はタブレット上で
  • 合否ではなくスコア表記

 

英検同様、一日の試験で四技能を網羅。

 

スピーキングはタブレットで行います。

リーディング、リスニング、ライティングは、タブレットでも紙面でも可能です。

 

合否ではなく、TOEICのようにスコアの結果となります。

 

リーディング、ライティングについては、英検に似た問題構成です。

 

語彙、文法に始まり、広告問題や長文読解。

英検とTOEICを足した感じでしょうか。

 

ライティングは、意見を述べるもの。

題は、基本的に英検と似ています。

 

リスニングは、イラスト描写、会話と続きます。

TOEICに似ていますね。

 

そしてちょっと特殊なのがスピーキング。

広告を見て答える問題や意見を述べるものまで様々。

 

ポイントは、文で答えると得点が高いこと。

たとえば、広告から読み取った内容を文で答えるよう努めましょう。

 

ただし、英語な苦手な場合。

単語だけで答えても、点数はもらえます。

 

大切なのは、とにかく答えること。

答えの核が合っていれば、点数をもらえますよ。

 

ちなみに、大学入試共通テストも、TOEICとにた雰囲気です。

詳細を知りたい方はこちら。

共通テスト【英語】は何が変わる? 現役英語教師による徹底解説!

 

 

まとめ

英語四技能重視の風潮は、今後も続いていきそうです。

その際に避けられないのが、発音。

 

発音できなければ、聞き取ることも話すこともできませんからね。

発音でお悩みの方は、こちら。

 
英単語を超効率に覚える書籍を無料プレゼント
期間限定で英単語を超効率に覚えるテクニックを解説した書籍「英単語のトリセツ」を無料でプレゼントしてます。LINE友達追加するだけで5秒以内でもらえます。

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、

工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  



現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が

最新英単語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、

ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。

 ※書籍はお持ちのスマホ・PC ですぐに読むことが可能です。

書籍と同時に受け取れる公式LINEのコラムでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  



最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

山崎
山崎
TOEIC950点取得。某大手オンライン英会話講師、英検教材作成、翻訳など英語に関わる仕事を経験。
現役高校英語教師を務めながらライターとしても活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です