英語力を一年でTOEIC200点UPさせる4つの極意

一年で、TOEICスコアを上げたいあなたへ。

 

一年で英語力を上げてTOEIC200点アップさせる4つの方法。

 

今日は、これをお届けしたいと思います。

 

TOEICが伸び悩んでる。

来年の就活までにTOEICを上げなければ。

 

そんなあなた、要チェックですよ。

 

 

【運営者プロフィール】
東大生英語教師ジャック
"勉強法"をトコトン追求し、最短効率で東京大学に現役合格。TOEIC935点取得。 勉強法を発信したYoutubeチャンネルは登録者8000人超え。 ジャックの無料公式LINEは1000人以上が登録。1ヶ月の勉強でTOEICの点数が800超えたり、英語が絡む仕事に転職したり、ネイティブとストレスなく話せる人が続出。

リスニングは縦読み・先読みで

 

まずはリスニング試験について。

 

試験開始とともに始まるリスニング試験。

ここで調子をつけたいところですね。

 

というのも、リスニングスコアは、全体のスコアを大きく左右するんです。

 

実は、リーディングよりリスニングスコアが高い方が、トータルスコアが高くなるんです。

 

 

なぜかというと、リスニングの平均点の方が低いから。

リスニングの方が、他の受験生に差をつけやすいんですね。

 

したがって、

リスニング力UP=スコアUPへの近道

と言えるわけです。

 

そんなリスニング試験の難関は、最後の2つのパート。

Part 3と4です。

 

その大きな要因は、スクリプトの長さ。

会話が長いだけで、一気に難しく感じてしまいます。

 

しかも、放送は一度だけ。

選択肢を読んでいる間に、次に進んでしまった…なんてことも、よくあるでしょう。

 

そこでオススメしたいのが、選択肢の先読み・縦読み。

 

これは文字通り、

  • 放送より先に選択肢を読む
  • 選択肢は縦に目を通す

というもの。

 

これをするだけで、回答速度も精度もUP。

スコアUPには欠かせないテクニックなんです。

 

さらに詳しい方法はこちら。

TOEICリスニングのコツは先読みだけではない!もう一つのポイントとは!?

うまく取り入れると、スコアUPは必至ですよ。

 

 

東大生の英語勉強法が無料で学べる
この記事を読んでくれているあなた限定で、東大生の効率的な勉強法が学べる公式LINEへ無料で招待します。今だけ、東大生が書いた2つの書籍も無料でプレゼント

リーディング前半は20分で

続いては、リーディング試験。

リーディング試験の構成は、大きくこの2つ。

  • 語彙文法問題(Part 5、6)
  • 長文読解問題(Part 7)

 

問題の難易度自体は、そう高くありません。  

TOEICリーディングの難点は、読む量。

 

とにかく読む量がめちゃくちゃ多いんです。

Part 7の分量は、かなりです。

 

そんなリーディング試験。

スコアを上げるためには、解き終えること。

 

時間切れで適当にマークしちゃえ!…ではなく、ちゃんと考えてPart 7を解き終える

これがスコアUPには欠かせないんです。

 

そのためには、前半(Part 5と6)を超高速回答。

Part 7の時間を捻出するしかありません。

 

理想は

  • Part 5+6…20分
  • Part 7…55分

これを何とか成し遂げていただきたいところです。

 

そうすれば、Part 7の時間を捻出することが可能。

ちゃんと解き終えるだけでも、スコアは確実にUPするんです。

 

とはいえ、2つのPartを20分って、かなりの高速。

実験するには、問題の見極めが不可欠なんです。

詳しく知りたい方はこちら。

TOEIC Part 5にかける時間は? 高速解答術も大公開!

 

 

実践演習を積む

各試験のコツは掴めましたね。

あとは、実践を積むのみ。

 

お話したように、時間配分が命のTOEIC。

そのためには、演習が欠かせないんです。

 

ただし、細切れに解くのはNG。

本番同様、2時間ノンストップで解き続けてください

 

そうすることで、

  • 時間配分の感覚がつかめる
  • めちゃくちゃ疲れる試験への耐性ができる

という効果があります。

 

そこでオススメなのが、実践演習形式のテキスト。

 

TOEIC協会発の冊のテキスト。

予想スコアも知ることができます。

 

うまく使いこなせば、スコアUP間違いなしですよ。

 

どのテキストから始めるべきか、などなど。

詳細はこちらです。

TOEIC公式問題集の使い方、合ってますか?【効率いい方法を解説】

 

 

英単語を超効率に覚える書籍を無料プレゼント
期間限定で英単語を超効率に覚えるテクニックを解説した書籍「英単語のトリセツ」を無料でプレゼントしてます。LINE友達追加するだけで5秒以内でもらえます。

定期的に受験する

さあ、最後に行うべきは、試験そのもの。

一年の間に、何度か受験を重ねましょう。

 

数うちゃ当たるってものではありません。

しっかり学習してからにしましょう。

 

そこで重要なのが、スケジューリング。

  • 受験計画
  • それまでの学習計画

これをしっかりと立てましょう。

 

ただし最初の試験は、学習開始から2、3か月後がオススメ。

 

その理由やスケジュール管理のコツはこちら。

TOEICの勉強期間はどのくらい必要? 効果的な勉強計画の立て方【必見】

計画的に学習して、目標スコアを達成しましょう。

 

 

まとめ

この記事のまとめです。

  • TOEICリスニングのコツ

➡︎Part 3&4 選択肢の先読み・縦読み

  • TOEICリーディングのコツ

➡︎Part 5&6 20分で高速回答

  • TOEIC演習

➡︎公式問題集で演習

  • 受験スケジューリング

➡︎受験は学習開始から2、3か月後から

 

ポイントを押さえれば、200点UPは夢ではありません。

一つひとつ着実に進めていきましょう。

 

アプリでの学習もオススメ。

オススメのアプリはこちらです。

TOEICの効果的な勉強法はアプリ! おすすめアプリ10選

意外と大切なのが、TOEIC前日の過ごし方。

これを知っているだけで、スコアはUPしますよ。

TOEIC前日の過ごし方は非常に重要!やっておくべきリスト

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、

工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  



現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が

最新英単語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、

ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。

 ※書籍はお持ちのスマホ・PC ですぐに読むことが可能です。

書籍と同時に受け取れる公式LINEのコラムでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  



最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

山崎
山崎
TOEIC950点取得。某大手オンライン英会話講師、英検教材作成、翻訳など英語に関わる仕事を経験。
現役高校英語教師を務めながらライターとしても活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です